エクセルの在庫管理から卒業して本格的な在庫管理を始めるならビーロジ!

TEL:0725-20-4080AM9:00〜PM6:00(平日)

無料トライアル申し込み

エクセル在庫管理からの卒業

Excel

エクセルによる在庫管理の限界

エクセルで在庫管理をされていますか?確かにエクセルはほとんどの会社様のパソコンにもインストールされているマイクロソフトの代表的なオフィスソフトです。また、インターネット上には在庫管理用のエクセルテンプレートが公開されていることから、そこまでもエクセルの知識がなくても誰にでも使いやすく、エクセルの表計算機能を使って在庫管理をしている方も多いかと思います。ただ、便利な反面やはり在庫管理に特化したシステムではないため、どうしても限界があります。本日はエクセルによる在庫管理の問題点をご紹介するとともに解決策をご提案致します。

問題点その1)ルール統一が難しい

エクセルは表計算で自由度が高いソフトですが、その分担当者がそれぞれ自分の使いやすように編集・更新してしまい、ルールを決めていてもなかなか統一することが難しい場合があります。また、社内ネットワークを活用し、エクセルの共有機能を使用すれば違うユーザーでも同じファイルを使用することができるので、ある程度はコミュニケーションが取れますが、上記理由により、いつのまにかファイルの中身がルールから外れた運用になっていることも多いです。また、シートに組まれた関数などの計算式・数式やマクロが担当者の退職により一切わからなくなるといったリスクも潜んでいます。そのため、エクセルによる在庫管理は属人的であるといえます。

問題点その2)入力ミスは防げない

致命的な問題としてエクセルでは入力ミスは防ぐことができません。在庫が1つしかない商品でも、入力時に2と間違えて入力してしまえば、理論在庫は2になります。しかしながら、注文が入りいざピッキングしようとすると、現物在庫としては商品は1つしかありません。それでは顧客に商品を発送することができなくなります。

問題点その3)ファイルが重くて開けない

エクセルで高度な在庫管理をしようとするとVBAや関数を駆使する必要があります。ただしかし、大量のデータをそれらの機能を使って管理しようとすると必然的にファイルが重くなってしまいます。そうなると、データの閲覧・更新に時間がかかってしまい、最悪の場合は開くことができなくなる恐れもあります。また、あくまでもパソコンにインストールされているソフトを使用するため、ソフトの動作としては各個人のパソコンのスペック(CPUやメモリ)に依存してしまいます。そうなるとせっかく共有のネットワークにファイルを置いても、活用することができません。

A.在庫管理専用のシステムなら全て解決できます。

上記の問題はクラウドWMSビーロジならすべて解決することが可能です。クラウドWMSは在庫管理システムのため、通常のEC・通販の在庫管理で必要な機能が全て揃っています。ハンディースキャンによるバーコード管理のため、数量差異を極限までに0(ゼロ)に近づけることが可能です。またクラウドと呼ばれるオンラインサービスのため、動作も軽くパソコンのスペックに影響されにくいシステムでございます。エクセルの在庫管理を卒業されるなら、まずはクラウドWMSビーロジをご検討下さい。

クラウドWMS「BEELOGI」(ビーロジ)TOPはこちらから

無料トライアル